2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『クレマチス・?』
2013/05/31(Fri)
 あーーれーー?  この子は誰だったっけ?

こんな事ばかりです。
植え替えたり、何かの拍子で名札が取れるともうわからない
ひどいときは、名札の付け忘れも・・・
だから、買った時に記録を付けようとノートを準備したこともあったのだけど(滝汗;)

まあ誰でもいいわ^^;・・・と、開き直るσ(^_^;)

cleIMG_6535.jpg


手入れが悪いのが見え見えの,お疲れ気味の花

       cleIMG_6533.jpg


去年はあれこれあって、手入れをサボると確実に翌年に出てきますね。
今年も春までは庭や花のことを考えられなかったから、これは仕方ない状態です。

いずれ・・・かな?
スポンサーサイト
この記事のURL | クレマチス | ▲ top
『クレマチス・月宮殿』
2013/05/15(Wed)
* クレマチス・月宮殿(げっきゅうでん)は咲き始めが緑がかっていて、しだいにクリーム色になって行く花です

cle0411DSC01892.jpg

  (2013.04.12 庭の花)

この記事のURL | クレマチス | ▲ top
『クレマチス・白花ハンショウヅル』
2013/05/12(Sun)
 白花半鐘ヅルは、なにせ強いクレマチスです。

白花といっても純白ではなくて、やさしいクリーム色系です。

0412cleIMG_6347.jpg


シルホサ系のクレマチス,関東以西に自生する日本固有種
どちらかというと、繁茂するタイプでかなりぞんざいに扱ってもしたたかに伸びてくる品種で,全体像はほぼ藪です^^;

0412cleIMG_6344.jpg

この記事のURL | クレマチス | ▲ top
『クレマチス・アーリーセンセーション』
2013/05/11(Sat)
 病気が入った株と隣り合わせで、去年に丸刈りというか・・抜く一歩手前だったアーリーセンセーション

気がついたら,伸び出して咲いていました。悪条件の中で頑張ったね

0412cleIMG_6359.jpg

咲き始めは緑色っぽくて、だんだん白くなっていく変化を見るのも楽しいです。
NZ原産の常緑種系です。

0412cleIMG_6358.jpg
  (2013.04.11 庭の花)
この記事のURL | クレマチス | ▲ top
『クレマチス・アーマンディ』
2013/05/10(Fri)
 今年もクレマチスの開花の一番手となりました、クレマチス・アーマンディ

cleMG_6032.jpg

    (2013.03.21 庭の花)
この記事のURL | クレマチス | ▲ top
『クレマチス・スカーレット』
2012/10/04(Thu)
テキセンシス系のクレマチスです。
南のお隣通路のフェンスに絡ませています。

クレマチス
  (2012.08.20 クレマチス スカーレット  庭の花)

真夏にこの赤というか緋色は強烈です。
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
クレマチス《 篭口 》
2007/07/27(Fri)
我が家の篭口です。  今年求めた苗の一番花です(^^)
梅雨のどんよりとした空に、凛とした紫色がとても似合います
篭口口0707


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  インテグリフォリア系 
《 篭口 ろうぐち 》   多花性 5~10月  新枝咲き

花後の剪定は、全体の7~8割が咲いたら思い切って2~3節を残して切り詰める。剪定後40~50日で二番花を楽しめます。 
強剪定  
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
クレマチス《 アオテアロア 》
2007/07/26(Thu)
アロマチカが欲しかったけれど手に入らなかったので、外見が似ているので今年求めたものです。
芳香は無いけれど、濃い鮮やかな紫色で、黄花芯とのコントラストが美しいです。ジャックマニー系のせいか、とても良く咲いてくれます。もう今年3回ぐらい咲いてくれます。
jm05

jm1001


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ジャックマニー系 
《 アオテアロア 》   多花性 5~10月  新旧両枝咲き?(未確認)

jm01

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち f 白・黒・その他?
2007/07/23(Mon)
こちらは純白
クレ丘213白

「アルバ・ラグジュリアンス」かな? 黒いしべが白を引き立たせる
クレ丘15

やや盛りを過ぎた「白万重」
クレ丘206シロマンエ

限りなく白に近い薄紫
クレ丘150白

クレ丘151薄紫白


クレ丘29

言わずとしれた中国原産の「テッセン」
クレ丘テッセン

クレ丘テッセン1


うす桃色なので、こちらへ
クレ丘19


そして、こちらは濃い紫なのでしょうか、黒にも見える花でした。
クレ丘109黒
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち e
2007/07/22(Sun)
インテグリフォリア系じゃないかなと・・いい加減な選び方です。間違っていたらごめんなさい

↓は、くっきりとした青紫で、篭口だと思うけれど・・
kureoka148

↓、優しいピンク色
クレ丘ベル162


クレ丘86


クレ丘ベル177

可愛らしくて人気の這沢(はいざわ)は、虫さんも大好きなようでした♪
クレ丘ベル101

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。