2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ティアレラ
2016/04/06(Wed)

2016.04.06


ユキノシタ科の花ですが、ずっと華やかで大好きです。

花色や葉っぱの違う種類を5〜株は苗を買ったと思うのですが・・・

今生き残っているのはこの子だけのようです^^;

0406 - 1 (2)

この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
『ピンクのチューリップ』
2013/05/19(Sun)
 たぶん、ダイナスティだと思うのですが・・・

0404tuDSC01285.jpg

この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
『また、原種系のチューリップ』
2013/05/19(Sun)
 まずはライラックワンダー

tuIMG_6313.jpg

この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
『八重のチューリップ』
2013/05/19(Sun)
 ブルーダイヤモンド

0404tuDSC01391.jpg


0404tuDSC01292.jpg
 (2013.04.10)

そして、アンジェリケ

tuIMG_6376.jpg


tuIMG_6439.jpg
この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
『原種系チューリップ・タルダ』
2013/05/19(Sun)
 タルダは原種系で超オチビのチューリップです。
石の間の隙間に植えてみました。

0404tuDSC01383.jpg

この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
『朱赤のチューリップ』
2013/05/18(Sat)
 今年初めて咲かせてみたチューリップ

おそらくフォステリアナ系のレッドエンペラー かな?と思います^^;

0322DSC00989.jpg
  (2013.03.22)

この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
『原種系のチューリップ』
2013/05/17(Fri)
原種系のチューリップが2種、それぞれ庭植えと鉢植えに分けてみました。

0328tuDSC_0448.jpg


この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
タンチョウソウ(花の江の郷にて)
2013/05/06(Mon)
 ニョキニョキと出ている茎・・・

0319hanaIMG_5505.jpg

そばには丹頂草(タンチョウソウ)という名札がありますが・・・まだ開花しきっていない
葉っぱもないので、初見のわたしにはよくわからないけれど、たぶんそうらしい・・・

0319hanaIMG_5509.jpg


(2013.03.19 花の江の郷にて)
この記事のURL | 花 た~ | ▲ top
デルフィニウム
2007/12/22(Sat)
11月に花壇を作り直す予定があり、中心に植えようかと思ってデルフィニュウムの苗を求めました。
デル00

ところが、肝心の花壇が1月にずれ込むことになり、鉢植えにして軒下に置いていたところ・・
4月になってから咲くはずなのに花茎がグングン伸びて、とうとう咲いてただ今満開です。
花が少ない時期ですから、狂い咲きも歓迎です。
デルフ1

デルフィニウム (F1 オーロラ ブルーインプ)
別名 オオヒエンソウ(大飛燕草)  キンポウゲ科デルフィニウム属

もう一鉢はまだ花茎を出しませんから、来春楽しめるのでしょうか


デルフィニウムの名の由来は、この蕾だそうです。なんだかわかりますか?
デルフ2

撮り方が悪いからわからない? この蕾がドルフィンに似ているそうです。
そう見えるでしょうか??
この記事のURL | 花 た~ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トクサ
2007/10/10(Wed)
石の花さんがトクサの胞子のことを書かれていて、ずっと庭にあるのに見たことない!
と思っていたら・・なんと、我が家にもありました (@_@)

トクサ2

トクサ  トクサ属 トクサ科   (2007.10.03  庭の花)

庭のトクサは上部が枯れることが多いので、できなかったのか、それとも今までは
見落としていたのでしょうか。どちらにしても、トクサは胞子ができるシダ植物だ
と言うことを今回初めて認識しました。
トクサ1

それにしても、ツクシにそっくり・・それもそのはず、ツクシ誰の子スギナの子
のスギナはトクサ属トクサ科のシダ類なのでした。シダ類というとなんとなく
日当たりの悪いところで育つ感覚で、スギナとシダそしてトクサに繋がりがある
というのは、初耳で不思議な感じがしました。
(知らなかったのは私だけかも知れないけれど・・・)

トクサは研ぐ草から名付けられているのはよく知られていますが、ウィキペディア
によると、高級なツゲ櫛を磨き上げるのにも使うそうで、滝廉太郎が爪を磨くのに
使ったり、リード楽器の竹製のリードもこれで磨くというのも初耳で興味深いことです。
さらに、干した茎は木賊(もくぞく)と呼ばれる生薬で、その煎液を飲用すると目の
充血や涙目に効果があるといわれているそうです。 

これから、土筆のように、更に胞子が成長して土筆そっくりの花?が見られると
うれしいのですが、なにしろ庭に唯一のこの子、無事に成長してくれますでしょう
か、やや心配です。
この記事のURL | 花 た~ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。