2007 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
GW中は更新休みます 
2007/04/27(Fri)
GW中に訪問くださった方、ありがとうございます
GW明けにまたよろしくお願いします <(_ _)>わすれな草

スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の庭仕事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『セッコク』
2007/04/27(Fri)
一昨日、一輪咲いた^^と思ったら、翌日には満開になりました。
セッコク3


セッコク  ラン科  着生植物で、石や岩に着くのがセッコクで樹木に着くのはモッコクといわれたりもするようですが、同じ植物を着生したもので分けているだけです。 これは、コルクの板に着生させたものです。
まるで手がかからず、冬中外に置いておけるので、蘭とはいえ、、とても楽なので、ずぼらな我が家向きです^^
この記事のURL | 花 さ~ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
シラー
2007/04/21(Sat)
明るい日ざしの出た日に、今日はもう咲いているかな・・・と、いつもの散歩道を少しだけ足を伸ばして、シラーを見に行ったまさに同じ日に、ofuuさんのおふう日記にもシラーがアップされていました。(TBを試みているけれど、うまくできないかも・・・)
去年、初めて見た時は、その華やかさに驚きました。
シラー3

シラー ペルビアナ  ユリ科 シラー(スキラ)属
シラー2

星の形のような花のひとつひとつも可愛い
シラー4

蕾もインパクトがあります
シラー5

  (2007.04.18  散歩道にて)

こちらは、シラー・カンパニュラータ  
カンパニュラータ(小さい鐘)の名の通り、花の形が可愛いベルの形をしている。
別名、イングリッシュ・ブルーベル また釣り鐘水仙とも。
シラー1

  (2007.04.20   祖師谷公園)

そして、われもこう家の庭にも ひっそりと埋もれるように咲き始めています♪
シラー6

  (2007.04.20   庭の花)
この記事のURL | 花 さ~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『ユキモチソウ』
2007/04/20(Fri)
マムシグサとはお仲間のユキモチソウ(雪餅草)があることを思い出しました。
園芸屋さんで買ったのですが、あるサイトに絶滅危惧種と書かれていてギクッ!
ちゃんと育てないといけないようですね。
雪餅草1

  (2007.04.20  庭の花)

不粋な棒はワンコ除けですから、仕方ないです。さもないと蹴られたり、穴を掘られてはイチコロです。それで幾つダメにしたことか (;´ρ`)
雪餅草3

お餅のようですが、中世の女王様のようにも見えます^^;

ユキモチソウ(雪餅草) サトイモ科  テンナンショウ属


※追記 今日、ランチを食べに行ったレストランで、偶然にもお仲間の「ムサシアブミソウ」を見ました。仏炎苞がくるりと丸まって、鐙のように見えるのです。 葉が艶やかな明るい緑色なので、綺麗でした。 写真撮らせてもらえば良かった・・・と後悔しています。
この記事のURL | 花 や~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
マムシグサ
2007/04/20(Fri)
マムシグサだと思います。これは夫が逗子の山の中で撮ってきたものです。
まむしそう1

  (2007.04.07 逗子にて)

ところが、散歩道にあるお宅の庭でこれを見つけました。都内でも普通に育つようです。傾斜のあるお庭を利用して、素敵なネイチュァガーデンとでも呼ぶような庭にされていて、溜息がでます。  
これだから、目と耳をしっかりあけてお散歩しないとね♪
まむしそう2

  (2007.04.14  散歩道にて)

マムシグサ  サトイモ科 テンナンショウ属

蝮草の名の由来は、茎(偽茎)が蝮模様だとか、蝮が出そうな場所に生えるからとかあるそうです。  それより、テンナンショウは天南星と書くそうで、その名前のほうが素敵で由来を知りたくなります。
雌雄別株のようですから、秋にもう一度見に行って、実がついているかどうかチェックするつもりです。
この記事のURL | 花 ま~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
クサフジ
2007/04/19(Thu)
いつも行く公園のアベリアの生け垣の上に、こんな花がニョキニョキッと頭を出しています。 
一輪二輪のころは、何かな・・というぐらいでしたが・・
kusafuji10

散歩中に、こんな大きな群生を見つけてビックリ w(゚o゚)w
くさふじ

調べてみたらクサフジ(草藤)のようです。カラスノエンドウと同じソラマメ属で、咲く時期もほぼ一緒です。

クサフジ  マメ科  ソラマメ属
kusafuji0402

   (2007.04.13  祖師谷公園)

この記事のURL | 花 か~ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
カラスノエンドウ
2007/04/18(Wed)
今頃の空き地を占領していて、日本中どこでも見られる光景と思います。いつもの散歩道でもあちこちで勢いよく咲いています。
カラスノエンドウ

カラスノエンドウ  マメ科  ソラマメ属

赤いスイートピーのようで、雑草としては憎めない花です。実際、西洋では牧草になるそうですから、有用な植物ということになります。
カラスノエンドウ1


可愛いお客さんもいました♪
カラスノエンドウ2

  (2007.04.13  祖師谷公園)
この記事のURL | 花 か~ | CM(8) | TB(1) | ▲ top
「トキワマンサク」 シロバナ
2007/04/16(Mon)
シロバナマンサクで思い出したので、先日みかけた「シロバナトキワマンサク」をアップしておきます。

マンサク2

ベニバナトキワマンサクと並んで植えられていました。
マンサク1

(2007.04.07  都筑にあるお蕎麦屋さんの裏庭)
この記事のURL | 花 た~ | CM(11) | TB(0) | ▲ top
「シロバナマンサク」
2007/04/16(Mon)
ホームセンターでみつけました。
可愛いブラシのような花が枝の先に付いています。名札にはマンサクとかかれてあり、エッ?でしたが、帰って調べると、たしかに白花満作のようです。

庭に合うかも~~と、ちょっと欲しくなったのですが、ベニバナトキワマンサクで失敗していますから、衝動買いはやめておきましょう。
マンサク、白2

   (2007.04.14   ユニディ園芸売り場にて)
シロバナマンサク  (フォザギラ・マヨール) マンサク科
この記事のURL | 花 さ~ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
「ネコヤナギ」
2007/04/15(Sun)
ネコヤナギ(猫柳)というと、私は1.5センチぐらいの固い赤い皮を被った芽、その皮を破ると顔を出す、銀色に光るものをそう呼ぶとばかり思っていましたが・・・

ちょっと前・・というか、もうひと月前に、生田緑地を散歩して見つけた巨大なネコヤナギです。
yanagi03152

  (2007.03.15 生田緑地にて)
ホントに、ねこちゃんのシッポのようにフサフサと揺れていました。
yanagi0315


ネコヤナギ  ヤナギ科 ヤナギ属
この記事のURL | 花 な~ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 カートマニー・ジョー 》
2007/04/14(Sat)
数日前から、庭の片隅でこの花が咲き出しています♪
カルトマニージョー

クレマチス  キンポウゲ科 センニンソウ属
カートマニー・ジョー  フォステリー系 白

我が家のクレマチスのトップバッターとして咲き始めたカートマニー・ジョーは、カルトマニー・ジョーとも呼ばれれています。ニュージーランド原産のようですが、他のクレマチスと違って常緑なのがうれしいです。葉っぱは小さくてチリチリとした細かい切れ込みのある、まるでパセリのような感じですが、しっかりしていて冬の寒さにも耐えてます。
    (2007.04.14  庭の花)
カルトマニー


久しぶりにホームセンターへ本日のお買い得品を買いに行き、ついでに園芸売り場を覗いたら・・・もうクレマチスが沢山あって、興奮状態でした。ここ数年、新しく買う多年草はギボシかクリスマスローズか、そしてクレマチスぐらいです。 そして、このカートマニー・ジョーの1mぐらいもある行灯作りがあまりに見事でしたので(お値段も!)、植えっぱなしではなくて、もう少し丹念に面倒をみて、大きくさせようと密かに誓いました(笑;)

いろいろありましたが、まず最初に購入したのはコチラ↓です。同じくフォステリー系のムーンビームを見つけて、その可愛らしさで迷わずカートに入れました。カートマニ・ジョーより更に小さい花で、少しクリームがかっています。 まるでボタンズルかセンニンソウのような小花です。もちろん、お仲間ですからそっくりなのも当然ですが、花弁の数が違うのと、純白ではないことがおおきな違いです。  
ムーンビーム


ホームセンターから帰りましてから、ワンの散歩も家族に任せて庭仕事をしていました。 まだ蚊も出てこないし、今は庭仕事が一番楽な季節です♪
この記事のURL | クレマチス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『アネモネ』 シルベストリス
2007/04/12(Thu)
アネモネ シルベストリス  キンポウゲ科 アネモネ属

たくさんあるアネモネの原種の一つだそうです。明るい木陰を好むそうなので、去年から育てています。 よくお花屋さんで見るアネモネのような原色の花とはまるで別のもののように見えます。

またの名をバイカイチゲ(梅花一華)ともいうので、その名もなかなかよいのですが、 Anemone sylvestris Snowdrop Windflowerなんていう爽やかな英名も気に入っています。

アネモネ白1

白い花のように見えるのは萼片だそうです。
アネモネ白2


更新をサボっていたので、先月咲いていた花です。(20007.03.10 庭の花)
この記事のURL | 花 あ~ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『スミレ』~白花
2007/04/11(Wed)
スミレ(菫)  スミレ科 スミレ属

スミレの白が咲き始めました。 スミレ・すみれ・それとも菫・・・どの字がしっくりするのかしら。白いから、なんとなく洋風にスミレかな

土を入れ替えたりしていないから痩せた玄関先の庭。 雨降り寸前のどんよりとしたお天気の中で、地味ながらハッと目を惹く白さです。

「あどけない恋」という花言葉は、こそばゆい気がする。年のせいにはしたくないけど。

 (2007.04.09   庭の花)
スミレ白


しばらく放置状態のこの花ブログ
写真だけは下書きにたくさん入っているのに、更新するのが億劫になっている・・ (-_-)゙ウウム 

思い切って、最新の花からアップしてみようかな・・・
この記事のURL | 花 さ~ | CM(2) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。