2007 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クレマチス《 マダム・ジュリア・コレボン 》
2007/05/22(Tue)
マダム・ジュリア・コレボンは、他の白花のクレマチスとはガラリと変わって華やかなクレマチスです
マダムという名にふさわしいワインレッドというか落ち着いた紅色に、花芯が黄色ですから、花色以上にパッとします。
花数も多いようです。 もう一年ぐらい鉢で育てて株がしっかりしたら、庭に地植えにしてみようと思っています。
マダムジュリア


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ビチセラ系 
《 マダム・ジュリア・コレボン 》   多花性 5~10月

花後の剪定は、全体の7~8割が咲いたら思い切って2~3節を残して切り詰める。剪定後40~50日で二番花を楽しめます。
強剪定  

クレマチスマダム2

  (07.05.20   庭の花)
この記事のURL | クレマチス | CM(6) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 白万重 》
2007/05/22(Tue)
春に鉢数を減らそうと思いたって、庭に地植えしたクレマチス。
花が咲き始めてから《 白万重 》だったことに気付いて大失敗。鉢植えに名札を付けていないと、何がなにやら・・・これは鉢植えで楽しみたかった。 
しかし、庭植えで越冬が可能な花なので、一応はセーフ。
白万重4


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  フロリダ系 
《 白万重 シロマンエ 》 florida Alba plena 白から緑の八重咲と言うかそれ以上で万重咲き(笑)
花後の剪定は、花から2~3節くらい下で弱剪定すると、剪定後40~50日で二番花を楽しめます。
弱剪定   しかし、2~3年に一度、つるの更新をかねて、開花後に地際より40~50cmくらいで
強剪定をし、株全体の若返りをはかります。


花弁の外側から花芯に向かって、白から薄い緑のグラデーションになる八重咲。
蕾から花が満開になるまで表情が変わるので飽きない品種です。
白万重0

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
犬の訓練所で咲くクレマチスたち
2007/05/22(Tue)
もうすぐ9ヵ月になるエアデールテリアのエドを訓練所に預け3ヵ月たちました。
そちらの所長さん、今年は訓練を若い子たちに任せて、花木の管理を楽しんでいる様子で、ちょうど今ごろはクレマチスと薔薇がとてもきれいです。
安達花1


日当たりと風通しがよいので、スクスク伸びて、きれいに咲いていて羨ましい環境です。
わざわざ植物園まで行かなくても、週末のエドの面会がてら花を愛でています。
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 ダッチェス・オブ・エジンバラ 》
2007/05/17(Thu)
これも白雪姫と同じく今春買った苗です。 八重咲きははじめてでしたが、最初の花がいじけていて、失敗だったなぁとがっかりしていましたが、枝先に咲き始めたら、きれいにまとまってきました。咲き始めに風が強い日が続いて、支柱が揺れたのもいじけた原因かもしれません。
クレマチスエジンバラ1

  (07.05.14  庭の花)
クレマチスエジンバラ2


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  パテンス系 
ダッチェス・オブ・エジンバラ 》   白大輪、一季さきで「旧枝咲き」
弱剪定   花後の剪定は、花首か一節下で切る  新梢は1/2
この記事のURL | クレマチス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 白麗 》
2007/05/17(Thu)
木立性のクレマチスです。ツルでないものもあるのです。インテグリフォリア系といって、つるにならない木立性で半釣り鐘型の花です。

これは小さめの花で下向きに咲いて、しかも花がねじれていて面白いのですが、家族にはやや不評です。 芳香があるらしいのですが、さほど強くないので花を近づけてクンクンしてやっとというぐらいです。もっと沢山咲けば香りもしてくるのでしょうか

クレマチス白麗1

(07.05.10 庭の花)
クレマチス キンポウゲ科  クレマチス属  インテグリフォリア系  
白麗 》  小輪
強剪定  開花後切り戻すと40日くらいでまた咲く


この記事のURL | 今日の庭仕事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 白雪姫 》
2007/05/17(Thu)
いま、庭でいちばん元気な花です。白雪姫の名に恥じない純白の花です。
白いクレマチスの代表品種らしいです。 早咲き大輪

今年、近所のホームセンターで、純白の花のラベルに惹かれて買ったのです。 
クレマチス白雪1302

  (07.05.10   庭の花)


キンポウゲ科  クレマチス属   クレマチス属  パテンス系  
白雪姫》 春~夏咲き 
弱剪定 春先に枯れた枝を取り除く程度  開花後に3節くらい切り戻すとまた花が咲くらしい

クレマチス白雪0513

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《薄い藤色。品種不明》
2007/05/17(Thu)
我が家に数本あるクレマチスの中でも最古参です。 常緑のフォステリー系を除けば、かなり早く咲き始めます。

数年まえ・・もっとかな・・鉢植えをいただいて、管理が大変だからと庭に地植えしたら、そのまま居着いてくれた花です。
当時の流行りの花だと思います。  咲き始めの花はかなり大輪ですが、かなり薄い藤色なので、もう少し白か紫の濃いのなら良いのに~~とブツブツ文句を言うのですが、さほど好みでない花に限って強いです。
クレマチス薄藤1

  (07.05.10 庭の花)
結構つるが伸びて高いところで咲いてるので、写真で見るまで虫食いなのに気付きませんでした。 たぶん、ナメクジでしょう
クレマチス薄藤2

クレマチス薄藤3

  
クレマチス  キンポウゲ科   クレマチス属  ?系  
《 ? 》   うす藤色 大輪
新枝咲き(冬は枯れる)
剪定?
  
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
モッコウバラ
2007/05/10(Thu)
↓のウワミズザクラとは白い花つながりで、同じバラ科からモッコウバラ

木香薔薇 というからには、香りがあるそうですが、なぜか黄色の方はほとんど香りがしないように思うのです。

白いほうは、鼻を近づけるとほんのりいい香りがします。  そばを通るだけで感じるほどの、強い香りではなく、あくまでもほんのり漂ってくる甘い香りです。
モッコウバラ119


モッコウバラ (木香薔薇 )  バラ科
モッコウバラ126


(2007.04   いつもの散歩道で)
この記事のURL | 花 ま~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ウワミズザクラ
2007/05/08(Tue)
桜の名は付いていますが、花の形はまるで違って、小さな可愛い花がたくさん集まって穂のようになっています。
公園のはかなり高木ですし、半日陰のところにあるので、写真には撮りにくいのが残念ですが、虫が沢山集まるところを見ると、甘い蜜を出しているようです。

花期は案外短いので、出会えるととてもうれしいです

ウワズミザクラ(上溝桜) 別名ハハカ  バラ科 ウワミズザクラ属
ウワミズサクラ2

(07.04.20  祖師谷公園)

この記事のURL | 花 あ~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。