2007 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クレマチス《 篭口 》
2007/07/27(Fri)
我が家の篭口です。  今年求めた苗の一番花です(^^)
梅雨のどんよりとした空に、凛とした紫色がとても似合います
篭口口0707


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  インテグリフォリア系 
《 篭口 ろうぐち 》   多花性 5~10月  新枝咲き

花後の剪定は、全体の7~8割が咲いたら思い切って2~3節を残して切り詰める。剪定後40~50日で二番花を楽しめます。 
強剪定  
スポンサーサイト
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
クレマチス《 アオテアロア 》
2007/07/26(Thu)
アロマチカが欲しかったけれど手に入らなかったので、外見が似ているので今年求めたものです。
芳香は無いけれど、濃い鮮やかな紫色で、黄花芯とのコントラストが美しいです。ジャックマニー系のせいか、とても良く咲いてくれます。もう今年3回ぐらい咲いてくれます。
jm05

jm1001


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ジャックマニー系 
《 アオテアロア 》   多花性 5~10月  新旧両枝咲き?(未確認)

jm01

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち f 白・黒・その他?
2007/07/23(Mon)
こちらは純白
クレ丘213白

「アルバ・ラグジュリアンス」かな? 黒いしべが白を引き立たせる
クレ丘15

やや盛りを過ぎた「白万重」
クレ丘206シロマンエ

限りなく白に近い薄紫
クレ丘150白

クレ丘151薄紫白


クレ丘29

言わずとしれた中国原産の「テッセン」
クレ丘テッセン

クレ丘テッセン1


うす桃色なので、こちらへ
クレ丘19


そして、こちらは濃い紫なのでしょうか、黒にも見える花でした。
クレ丘109黒
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち e
2007/07/22(Sun)
インテグリフォリア系じゃないかなと・・いい加減な選び方です。間違っていたらごめんなさい

↓は、くっきりとした青紫で、篭口だと思うけれど・・
kureoka148

↓、優しいピンク色
クレ丘ベル162


クレ丘86


クレ丘ベル177

可愛らしくて人気の這沢(はいざわ)は、虫さんも大好きなようでした♪
クレ丘ベル101

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
クレマチスの丘のクレマチスたち d
2007/07/21(Sat)
横向き・チューリップ咲きの花たち
たぶん、テキセンシス・ピオルナ系だと思うけれど、違っているかも知れません(汗;)
こちらへ行った時は、時期的にこの「プリンセス・ダイアナ」が一番元気よく満開の時でした。
クレ丘134ダイアナ

クレ丘130ダイアナ

こちらは、「踊場」だと思います
クレ丘125下赤


クレ丘127

↑↓の赤は強烈な赤そのものでした。たぶん、名前もスカーレットだと思います
クレ丘ベル176


この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち c
2007/07/20(Fri)
どちらかというと赤~赤紫系の花たち

クレ丘99

↑は、マダム・ジュリア・コレボン
クレ丘155赤

  ( 2007.06.24 クレマチスの丘 )
↓は、変わった花です
クレ丘89


クレ丘92


クレ丘11



この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち b
2007/07/19(Thu)
かなりおおざっぱだけど、青系から青紫に近い花たち
クレ丘200青

  (2007.06.24  クレマチスの丘)
クレ丘185薄青


クレ丘42


クレ丘159うす紫


クレ丘136紫


クレ丘113紫
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち a
2007/07/18(Wed)
kureoka1

先月、静岡の「 クレマチスの丘 」で遊んできました。
きちんと写真を整理して品種なども調べてから・・・なんて思っていたら、年を越えてしまいそうな勢いなので、とりあえず、そちらで撮ってきた写真、ただ順番に並べていきます。
丘0

 (2007.06.24 クレマチスの丘にて)
東京から車で2時間ほど、裾野I.C.と沼津I.C.の中間あたりのスルガ平にあり、周りはゴルフ場だらけという立地です。

今、私が一番はまっているクレマチスを主体にしたホワイトガーデンと、ビュフェ美術館や井上靖文学館など美術館が4館、それにレストランも4軒と施設も揃っています。

とりあえず、一番見たかったガーデンとヴァンジ彫刻庭園美術館がセットになった券で入場します。

↓は、入り口前のクレマチスです
丘2


クレ丘3


丘3


庭園内にはいると、こんな彫刻たちが待っていて、周囲にクレマチスの垣根と花壇が広がっています。庭園と彫刻館は一体化していて、彫刻館を巡って下の庭にさらに続いています

丘4


丘6

さすがに、品種も多くて、花壇の造りも素敵で、今後の参考になりそうな花がたくさん♪で、とても幸せな時間が過ごせました (⌒‐⌒) 
この記事のURL | クレマチス | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。