2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クレマチスの丘のクレマチスたち d
2007/07/21(Sat)
横向き・チューリップ咲きの花たち
たぶん、テキセンシス・ピオルナ系だと思うけれど、違っているかも知れません(汗;)
こちらへ行った時は、時期的にこの「プリンセス・ダイアナ」が一番元気よく満開の時でした。
クレ丘134ダイアナ

クレ丘130ダイアナ

こちらは、「踊場」だと思います
クレ丘125下赤


クレ丘127

↑↓の赤は強烈な赤そのものでした。たぶん、名前もスカーレットだと思います
クレ丘ベル176


この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち c
2007/07/20(Fri)
どちらかというと赤~赤紫系の花たち

クレ丘99

↑は、マダム・ジュリア・コレボン
クレ丘155赤

  ( 2007.06.24 クレマチスの丘 )
↓は、変わった花です
クレ丘89


クレ丘92


クレ丘11



この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち b
2007/07/19(Thu)
かなりおおざっぱだけど、青系から青紫に近い花たち
クレ丘200青

  (2007.06.24  クレマチスの丘)
クレ丘185薄青


クレ丘42


クレ丘159うす紫


クレ丘136紫


クレ丘113紫
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
「クレマチスの丘」のクレマチスたち a
2007/07/18(Wed)
kureoka1

先月、静岡の「 クレマチスの丘 」で遊んできました。
きちんと写真を整理して品種なども調べてから・・・なんて思っていたら、年を越えてしまいそうな勢いなので、とりあえず、そちらで撮ってきた写真、ただ順番に並べていきます。
丘0

 (2007.06.24 クレマチスの丘にて)
東京から車で2時間ほど、裾野I.C.と沼津I.C.の中間あたりのスルガ平にあり、周りはゴルフ場だらけという立地です。

今、私が一番はまっているクレマチスを主体にしたホワイトガーデンと、ビュフェ美術館や井上靖文学館など美術館が4館、それにレストランも4軒と施設も揃っています。

とりあえず、一番見たかったガーデンとヴァンジ彫刻庭園美術館がセットになった券で入場します。

↓は、入り口前のクレマチスです
丘2


クレ丘3


丘3


庭園内にはいると、こんな彫刻たちが待っていて、周囲にクレマチスの垣根と花壇が広がっています。庭園と彫刻館は一体化していて、彫刻館を巡って下の庭にさらに続いています

丘4


丘6

さすがに、品種も多くて、花壇の造りも素敵で、今後の参考になりそうな花がたくさん♪で、とても幸せな時間が過ごせました (⌒‐⌒) 
この記事のURL | クレマチス | ▲ top
散歩道のクレマチス
2007/06/30(Sat)
名前はわからないけれど、うす桃色から藤色で可愛い
クレ269

ベティ・コーニングに似ているような気もするが、香りには気付かなかった
クレ270

  (2007.06.20 散歩道)
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | ▲ top
クレマチス《 ダッチェス オブ アルバニー 》
2007/06/22(Fri)
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  テキセンシス系
《 ダッチェス オブ アルバニー 》   
アルバニー2002

花後は地際から一節残して強剪定すれば、60日ぐらいで次の花が咲く
強剪定 
  
アルバニー2003

  (07.06.10  庭の花)


この記事のURL | クレマチス | CM(4) | ▲ top
クレマチス《 プリンセス・オブ・ダイアナ 》
2007/06/22(Fri)
かつては、プリンセスオブウェールズとも呼ばれていた花です。

かのダイアナ妃の名を冠するのなら、もっと八重咲きの華やかな花に名付ければよいのにとも思ったこともありましたが、濃いピンクが緑の葉に映えて、とてもハッキリとした目立つ色合いに、最近は命名通りと納得します。

ダイアナ妃同様、人気品種のようで、最近あちらこちらで見かけるようになりました。

ダイアナ1

  (07.05.20 庭の花)
ダイアナ3


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  テキセンシス系 
《 プリンセス・オブ・ダイアナ 》   多花性 5~10月  新枝咲き

花後の剪定は、全体の7~8割が咲いたら思い切って2~3節を残して切り詰める。剪定後40~50日で二番花を楽しめます。  写真を撮ってからひと月以上下書きに置いていたら、ちょうど二番花が咲き始めています。
強剪定  

蕾も可憐で愛らしいです。
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 ピール 》かな?
2007/06/20(Wed)
かなり前からある花なので、名前がわかりません。
色合いからは「ピール」かなと思うのです。しかし、図鑑にはピールは大輪と書かれていますが、我が家のは小さめの中輪ですので、少し怪しいです。クレマチスピンク


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  パテンス系? 
《 ピール 》 たぶん・・?    5~6月  弱い四季咲きもしくは一季咲き

花後は花から2~3節くらい下で剪定
弱剪定 春先は、枯れ枝や芽吹きの悪い古枝を取り除く程度

クレマチスピンク2

  (07.05.20   庭の花)

今年、庭の真ん中から西日の差す場所に鉢を移動させたので、来年が少し心配

この記事のURL | クレマチス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 マダム・ジュリア・コレボン 》
2007/05/22(Tue)
マダム・ジュリア・コレボンは、他の白花のクレマチスとはガラリと変わって華やかなクレマチスです
マダムという名にふさわしいワインレッドというか落ち着いた紅色に、花芯が黄色ですから、花色以上にパッとします。
花数も多いようです。 もう一年ぐらい鉢で育てて株がしっかりしたら、庭に地植えにしてみようと思っています。
マダムジュリア


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ビチセラ系 
《 マダム・ジュリア・コレボン 》   多花性 5~10月

花後の剪定は、全体の7~8割が咲いたら思い切って2~3節を残して切り詰める。剪定後40~50日で二番花を楽しめます。
強剪定  

クレマチスマダム2

  (07.05.20   庭の花)
この記事のURL | クレマチス | CM(6) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 白万重 》
2007/05/22(Tue)
春に鉢数を減らそうと思いたって、庭に地植えしたクレマチス。
花が咲き始めてから《 白万重 》だったことに気付いて大失敗。鉢植えに名札を付けていないと、何がなにやら・・・これは鉢植えで楽しみたかった。 
しかし、庭植えで越冬が可能な花なので、一応はセーフ。
白万重4


クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  フロリダ系 
《 白万重 シロマンエ 》 florida Alba plena 白から緑の八重咲と言うかそれ以上で万重咲き(笑)
花後の剪定は、花から2~3節くらい下で弱剪定すると、剪定後40~50日で二番花を楽しめます。
弱剪定   しかし、2~3年に一度、つるの更新をかねて、開花後に地際より40~50cmくらいで
強剪定をし、株全体の若返りをはかります。


花弁の外側から花芯に向かって、白から薄い緑のグラデーションになる八重咲。
蕾から花が満開になるまで表情が変わるので飽きない品種です。
白万重0

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。